FC2ブログ
<

汗と涙の石橋料金所回避術

2019年02月13日
0
0
未分類
気が付けばもう2月・・・あと5ヶ月もすれば夏がやってきます。
resize17892.jpg
夏と言えば、海と言えば伊豆!常識ですよね。
伊豆半島の道路はとっても眺めがいいので、車で走るのが好きという方も数多くいらっしゃると思います。
しかし、そんな楽しい気持ちに水を差すヤツがいることに・・・気が付いているでしょうか?


それはズバリ、石橋支線の料金所です!


石橋・・・?なにそれ叩いて渡るの?

そういう人もいると思い、マップを用意いたしました!
resize17891.png

ピンク色の線小田原厚木道路
オレンジ色の線西湘バイパス
黄色い線ターンパイク箱根
肌色の線一般道


そして、石橋支線というのが・・・
resize17892.png
赤い矢印が指す区間、西湘バイパス早川ICから分岐し、石橋ICに至る自動車専用道路の事を言います!

パッと見、伊豆方面へアクセスするならとても便利な道路に見えます。
ではなぜ、私から水差し野郎呼ばわりされているのかというと・・・



たかが約1.6Kmの距離で210円も取るからです!



210円ごときでゴチャゴチャ言ってんじゃねーよ!(30代会社員:男性)

貧乏人はお家でトランプでもしてれば?(10代学生:女性)

ニート乙、働け(20代会社員:男性)



(´・ω・`)・・・



だがここで、少し冷静になって考えてほしい・・・

真鶴道路(峠道を回避できるため、時間短縮の効果が大きい)
・路線延長4.5Km
・通行料金は200円

熱海ビーチライン(景色が良く、市街地の渋滞も回避できる。後輩が料金所でバイトをしていた)
・路線延長6.1Km
・通行料金は300円


どうですか?これらの自動車専用道と比較してみると、石橋支線のコスパがいかに悪いかが分かります。


しかも!
石橋料金所のオジさん達がメーカーにワイロを渡しているようで・・・
resize17894.pngナビは大体、このルートを推奨してくる!!(#^ω^)ピキピキ


という訳で、今回は小田原厚木道路方面から石橋支線を回避して東伊豆に向かうルートを紹介します!
裏道の如く紹介してんじゃねえよ?』と言われても仕方がないぐらい一般的なルートですが、
圏央道の開通で山の方から押し寄せてくる不慣れな人たちの役には立てるかなと思います。(まさかのディスり)

石橋支線の名誉のために言っておくと、一般道を経由するよりは支線を使った方が早い。(ことの方が多い)
しかし、料金に見合う価値があるのかと聞かれると、疑問視する声も多い。
なので、別の選択肢も知ってもらおう、というのがこの記事の趣旨です。




それでは、210円を節約して伊豆半島を楽しみましょう!
y_sat22sutaba2.png
(210円をジンバブエドルに換算した時のイメージ)



小田原厚木道路から一般道を経由するルート。
resize17897.pngナビ通りに早川ICまで行ってしまうと、石橋支線ルート確定になってしまうので、
一つ手前の小田原西ICで一般道に降りる必要があります。
resize17894_20190213182221606.png
こちらが小田原西ICの詳細図。(クオリティ高すぎワロタ)
resize17894_2019021318231433e.png
こんな感じで赤いルートを走行して下さい!
箱根ターンパイク・小田原市街地」と書かれた看板の通りに、左車線を走っていればOKです。
トンネルを出てすぐの分岐を左に曲がってしまうと、西湘バイパス方面に向かってしまうので要注意。
resize17895.png
一般道に降りたらひたすら直進。
新幹線東海道本線の高架を越えると「早川交差点」があるので、国道135号線方面に右折
これで石橋料金所を回避して伊豆半島へ向かうことができます。


せっかくなので、西湘大磯方面から一般道を経由するルートもご紹介!
resize17894_201902131836087fa.png
早川ICが運命の分かれ道となります。
直進すると石橋支線に向かってしまうので・・・
resize17895_20190213183610746.png
一番左の車線を走り、「早川出口・箱根・小田原厚木道路・箱根新道」方面へ。
(早川ICの出口は、下り本線にしかありません)
resize17896.png
高架を降りると、国道135号線にぶつかるので、左折すればOKです。
目印は、東海道本線の早川橋梁ですね~。


ちょっとだけ遠回りだけど、これで210円を節約する事ができました!!
私のエボちゃんはリッター8~9Kmなので、渋滞しなければ間違いなく黒字です^^

でも休日になると、この回避ルートはもの凄く渋滞するので、
燃費が悪化して赤字になっても、責任は取れませんので悪しからず!

以上ですー。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
ヒ素たん
Posted by ヒ素たん
とある鉄道会社の中の人。
乗務員目指して頑張ります。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply